DANDELION*タネのつぶやき小屋

子育て真っ最中。感じたことをボソボソと…

【子育て】リンゴで窒息。

こんにちは。

たねです。


今日は、めっちゃ焦ってめっちゃ反省した出来事を書かせて下さい。

つい数時間前に起きた出来事です。

お昼寝から目覚めた息子に3時のおやつをあげたんです。

りんごを。

ここ最近、上下の前歯も生えてきて咀嚼も上手になってきたので、噛む練習も交えてあえておろさないで薄ーくスライスした手掴みしやすいサイズのりんごをあげました。ちなみに息子は11ヶ月です。
ゆっくり、ゆっくり口に運んだ息子。
一口大に噛みちぎるのに時間が掛かりながらもアムっと口の中に一欠片入ったかと思ったら…

突然オエッとなってギャーッッ!!!と大声で泣き始めたんです。
抱っこを求める仕草をしながらギャン泣きです。
え?まさか詰まった??!と思い急いで背中をポンポン。
それでもいつもとは違う泣き方の息子。
食事ベビーチェアーから外して抱きかかえようと思った瞬間、嘔吐。
その嘔吐と一緒にポロッとリンゴの欠片が出てきました。。。

呆然です。
息子を抱きながらただ焦るばかり。
欠片が出た息子はすぐに泣き止み落ち着いたんですが、私は一向に落ち着かず。。
オロオロ。。

いやー。もっと、ちゃんと考えるべきだった。
歯も生えてきたし、練習しないと!早く何でも食べられるようにならないと!って。
きっとそっちの気持ちが優先しちゃって息子自体のことを考えられてなかったんですね。

前歯しか歯がないのに、それ以外はまだ歯茎なのに。バナナでもなく、ミカンでもなく、固い固いリンゴを。薄く切ればもう食べられるよね、きっと。て…

やっちまいましたね…
最初に噛みちぎるのすら時間掛かってたのに。ソコで気付こうよって今更ながら後悔。
反省。
早く何でも咀嚼できるように、色んな物が食べられるようにって焦る気持ちは置いておいて、まずは息子自身を見てあげなきゃ。
もちろん早く咀嚼できるようになって色んな物を食べさせたいっていうのも息子を想って息子が喜ぶだろうなっていう想いからきているものでしたが、それで今日みたいに苦しくて怖い思いをさせてしまったら本末転倒ですよね。

リンゴ事件の後の私は、あの時の恐怖がしばらく頭から離れませんでした。
息子はケロッと機嫌も直り普段通りにキャッキャッと遊んでいるのですが、私は笑えませんでした。
息子よごめんね。という気持ちと、もぅ食べさせるの怖い〜という気持ちと、子育て自信なくなったー、自分の不注意で息子を殺しちゃうことがあったらどーしよーって気持ちと…
もぅ、とにかくグチャグチャでした。

ただ今となっては(未だに恐怖が残っていて思い出す度にゾッとしますが)良い勉強になったなと思います。
大きな怪我をさせたり窒息するほど大きな物を詰まらせてしまわないように、今日のリンゴが教えてくれたんだと思いました。
気を抜くなー!!!って。
や、しっかり考えてれば、コレすら起こらなくて済んだじゃないか。。。(ーー;)


いや、ホントにホントに窒息までいかなくて良かった。嘔吐と一緒にポロッと欠片も出てきてくれてホントに良かった。泣いていたと言うことは呼吸は出来ていたということですよね。
いや、だからイイって訳ではないのですが。


私は日本に居た頃、介護の仕事をしていました。
その時も毎日、食事の介助は喉つまりに配慮しながら気が抜けない時間でした。
喉詰まりがどれほど恐ろしいことなのか、命に関わることなのかを前職時代にたくさん感じてきただけに、なおさら今日の出来事は震えるほど怖かったです。息子が1番怖かったでしょうけど。

ごめんね、息子。。。(泣)
母ちゃん、もっとしっかりします!!!


"だろう運転”は危険なように、"だろう子育て”も大変危険ですね⚠
"かもしれない運転”と同様に"かもしれない子育て”をしていかなきゃ⚠

薄く切ったし歯も生えてきたし喉詰まりしない"だろう”。
ではなく
薄く切ったとしても歯が生え始めたとしても喉詰まりする"かもしれない”。
ですね。





以上、ヒヤッとした出来事でした。
リンゴがトラウマになりそうだけど、
教えてくれたんだって思ったらトラウマどころか感謝しなくちゃ!ですね。

リンゴさんいつもお世話になっております。
今日は本当にありがとうございました。
今後はリンゴさんに教えていただいたことを活かしながら子育て楽しみますね!

と、リンゴに伝えたい!!!


それでは今日はこの辺で。